2017年04月16日

ほわちゃん星に

2017-0416-01.jpg

ここじゃ書いてなかったんですけど、

去る13日の多分21:56頃にほわちゃんが亡くなりました。


水曜の深夜も普通におやつあげたし、13日の朝も普通に起きて走り回ってたんですが


夕方過ぎに帰ってきたら横たわって身体も温かくなく虫の息なのでした。


そこから手の上やらハムヒーターで温めたのですがハムヒーターはまずかったか


上記の通りに。それまでは虫の息ながらも何とか呼吸はしてくれてましたが。


病院にこそ連れて行ってないものの、里親に診てもらったものの、


結局はっきりとした死因は分からず。


変なもの食べたって訳でもなく、心臓を悪くしたなら爪が赤くなっていただろうて


事ながらそうでもなく、何か喉につまってではないか、それ以外の知らない病気に


かかってたかではないかというだけでこれと言った原因はつかめず。


個人的に魔の1ヶ月は乗り越えて少し安心してたのと、ヒーターもそろそろ要らないかと


油断してたのもあるんでそかね。


そこそこの匹数飼ってきたけど、小動物だから急に体調崩したりも


なくはないから、未だに難しいです。


後確実に眼前で亡くなったと言えるのもペコちゃんに続いて2匹目なんですよね。


昨夜に埋葬するまで実感出来ないてか、信じたくないてか、目を背けてた感が。


相変わらずもぬけの殻なケージが見てて寂しいです。



んでこんな時ながら、里親先で先月新しく生まれてたらしい赤ちゃんハムを見ると


笑みが溢れるものなんですね。もう目もぱっちりあいててそこそこ大きかったのでした。


辛いというとあまり長く一緒に居られなかったので写真もあまりないのが悲しいですね。


この子は出会った時からものすごいジィージィー鳴いてて衝撃的だったし


さわり心地が普通の子と違う初めてのほわっほわのふわっふわな長毛種の子で、


だいちゃんが甘噛み程度ばかりだったのに対して、手の上にはひょいと


乗ってきてくれるものの結構な頻度で痛い位に噛み付いてくる元気な子でした。


飼い方間違えたのか、だいちゃんと違いこういう性格の子だったのかようわかりませんが。


里親もあんな元気な子がと言うてた程に信じられないといった位に。



ほわちゃん、今までありがとう。
posted by さとやん at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック