2007年11月11日

マイティ・ハート 愛と絆

20071111-1.JPG

の試写会行って来ました。去年見たワールドトレードセンターと
同じく実話をもとにした映画で、2002年パキスタンで取材中に
テロリストに誘拐されたジャーナリストのダニエル・パールの
真相をつづった「マイティ・ハート 新聞記者ダニエル・パールの
勇気ある生と死」という本にブラッド・ピットが興味を持って
自身の製作会社で映画化の権利を取得。んでこの映画の主役、
ダニエル・パールの妻、マリアンヌ・パールをブラッド・ピットの

アンジェリーナ・ジョリーが演じる事になったとの事。試写会で
配られる手持ちの資料には載ってないみたいですけど、試写会前の
解説によると、マリアンヌ・パールとアンジェリーナ・ジョリーは
映画化が決まる以前から交流があったとかなんとか。

誘拐事件が起きた当時マリアンヌは妊娠6ヶ月で、更にこの映画に
挑んだアンジェリーナも妊娠5ヶ月くらいだったかの状態だったんだとか。
んでこれアメリカ映画ではいつもの事なんですが、
「カンヌ映画祭やアメリカでは絶賛の嵐。早くも、アカデミー賞の
最有力候補作品とされる話題作の誕生!」のあおり文句。
「まさに時代を象徴した作品だ。衝撃と洗練、とにかく驚かずにはいられない。」
「感動的で、そして恐ろしいほどにリアル」
「興奮と悲しみ、そして命の大切さ。この作品ほど、それを思い
知らされる映画は、他にないだろう」
等とニューヨークタイムズやらロスタイムズなどから正直異常なまでの
絶賛の嵐。映画の予告見ると最後のカットが感動の再会って感じ
なんですが、実話ですし、人質になったダニエル・パール氏が
どうなったかどうかなんて検索すれば出てくるわけで…
映画公開は機動戦士SDガンダムのDVD−BOXの発売日です。
先に書かせてもらうと、良い悪いとか以前にもう何がなんだか
さっぱり分からなかったです。

http://www.mh-movie.jp/top.html映画の始まりはダニエルが出かけるところからだったかと。
後で最初の町がパキスタンだと知りましたが、まぁすんごいごみごみしてて
あんなとこ車で走りたいとは思わないです。ダニエルが出かける前に
マリアンヌと夕飯の約束をして出かけ、ジラニ氏にダニエルが
取材しに行ってる最中にさらわれた模様。
正直見ててもいつさらわれたのかよく分からず、連絡つかない
なかなか帰ってこないってのはマリアンヌらの話から悟れましたが
気がついたらさらわれてましたって事しか分かりませんでした。
んで取材しようとしてた相手がアルカイダと関わりのある人だった
んで真相を確かめるため、アメリカ領事館の外交保安問題担当、
テロ対策組織のリーダー、果てはFBIまでもが加わり、
さらわれてから真相を確かめるまでの30日間を描いた話って感じです。
ストーリーは公式サイト見てください。

見てた時眠かったんですが、先に挙げたとおり見てても何が
起きてるのかさっぱり理解出来なくて、正直ホントに寝そうに
なりました。
母ももひとつ分からなかったとの事。

んでキャスト見てもらえれば分かるんですが、主要キャストの
ダン・ファターマン、デニス・オハラ、ゲイリー・ウィルメスの
3人。最初のダン・ファターマンがダニエルの役の人なんですが
何が起きてるのかも分からなければ、誰が誰だかも分からず
この3人眼鏡かけてて出てくる眼鏡の男性はみんなダニエルに
見えて混乱。
最後に各キャラはその後どうしてるか見たいなテロップも
流れますが、もちろん誰が誰やら。
わけ分からんばっかりですけど、真相を知ったマリアンヌが
発狂したりして悲しむ演技は迫真もんだと思います。
posted by さとやん at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マイティ・ハート 愛と絆
Excerpt: 試写会に行きました。 2002年のパキスタンで、 ウォールストリート・ジャーナルの記者ダニエルは、 妻マリアンヌとディナーの約束をした後、ある取材に出かける。 しかし、それを最後に彼との連..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-12-01 13:30